Windows Seven netsh http コマンド

Microsoft Windows [Version 6.1.7000]
(C) Copyright 2009 Microsoft Corp. C:\Windows>netsh http ? 使用できるコマンドは次のとおりです: このコンテキストのコマンド: ? - コマンドの一覧を表示します。 add - テーブルに構成エントリを追加します。 delete - テーブルから構成エントリを削除します。 dump - 構成スクリプトを表示します。 flush - 内部データをフラッシュします。 help - コマンドの一覧を表示します。 show - 情報を表示します。 コマンドのヘルプを表示するには、コマンドの後にスペースを入れ、 ? と入力してください。

テーブルに構成エントリを追加します。

»netsh »http »add


C:\Windows>netsh http add ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
add cacheparam - HTTP サービス キャッシュ パラメーターの追加
add iplisten   - IP リッスン一覧に IP アドレスを追加します。 
add sslcert    - IP アドレスおよびポートに対する SSL サーバー証明書のバインドを追加します。
add timeout    - サービスにグローバル タイムアウトを追加します。
add urlacl     - URL 予約エントリを追加します。 

HTTP サービス キャッシュ パラメーターの追加

»netsh »http »add »cacheparam


C:\Windows>netsh http add cacheparam ?

使用法: add cacheparam [type=]cacherangechunksize|maxcacheresponsesize
             [value=]<ulong>

パラメーター:

        タグ                      値
        type                    - 設定のパラメーターの種類。
        value                   - 値 (バイト単位)。値が 16 進数の場合、
                                  プレフィックス 0x を追加します。

注釈: HTTP サービス キャッシュ パラメーターを追加します。

例:

        add cacheparam type=maxcacheresponsesize value=524288
        add cacheparam type=cacherangechunksize value=131072

IP リッスン一覧に IP アドレスを追加します。

»netsh »http »add »iplisten


C:\Windows>netsh http add iplisten ?
                                            
使用法: add iplisten [ipaddress=]<IP アドレス>                                      
                                                                             
パラメーター:                                                                  
                                                                             
    タグ         値                                                            
    ipaddress  - IP リッスン一覧に追加する IPv4 または IPv6 のアドレスです。 
                                                                             
注釈: IP リッスン一覧に新しい IP アドレスを追加します。これには、ポート
      番号は含まれません。IP リッスン一覧は、HTTP サービスがバインドする
      アドレスの一覧の範囲を設定するために使用されます。"0.0.0.0" は任意の 
      IPv4 アドレスを意味し、"::" は任意の IPv6 アドレスを意味します。    
                                                                             
例:                                                                          
                                                                             
      add iplisten ipaddress=fe80::1                                             
      add iplisten ipaddress=1.1.1.1                                             
      add iplisten ipaddress=0.0.0.0                                             
      add iplisten ipaddress=::                                                

IP アドレスおよびポートに対する SSL サーバー証明書のバインドを追加します。

»netsh »http »add »sslcert


C:\Windows>netsh http add sslcert ?
                                
使用法: add sslcert [ipport=]<IP アドレス:ポート>
              [certhash=]<文字列>
              [appid=]<GUID>
              [[certstorename=]<文字列>
              [verifyclientcertrevocation=]enable|disable
              [verifyrevocationwithcachedclientcertonly=]enable|disable
              [usagecheck=]enable|disable
              [revocationfreshnesstime=]<u-int>
              [urlretrievaltimeout=]<u-int>
              [sslctlidentifier=]<文字列>
              [sslctlstorename=]<文字列>
              [dsmapperusage=]enable|disable
              [clientcertnegotiation=]enable|disable]

パラメーター:

        タグ                   値

        ipport               - バインド対象の IP アドレスおよびポートです。
        certhash             - 証明書の SHA ハッシュです。20 バイト長の
                               ハッシュを 16 進文字列として指定します。
        appid                - 所有アプリケーションを識別するための GUID です。
        certstorename        - 証明書のストア名です。
                               既定値は MY です。証明書はローカル コンピュー
                               ターのコンテキストに保存する必要があります。
        verifyclientcertrevocation
                             - クライアント証明書の失効状態の検証を
                               有効/無効にします。
        verifyrevocationwithcachedclientcertonly
                             - 失効状態の確認のために、キャッシュされた
                               クライア塔g証明書のみを使用することを
                               有効/無効にします。
        usagecheck           - 使用法のチェックを有効/無効にします。
                               既定値は enable です。
        revocationfreshnesstime
                             - 更新版の証明書失効一覧 (CRL) をチェック
                               する時間間隔 (秒) です。
                               この値が 0 の場合は、前の CRL が期限切れに
                               なった場合にのみ新しい CRL が更新さ黷ワす。
        urlretrievaltimeout  - リモート URL の証明書失効一覧の取得試行が
                               タイムアウトになる時間 (ミリ秒) です。
        sslctlidentifier     - 信頼できる証明書発行者を一覧表示します。
                               この一覧は、コンピューターに信頼されている
                               証明書発行者のサブセットにできます。
        sslctlstorename      - SslCtlIdentifier が保存されている
                               LOCAL_MACHINE の下のストア名です。
        dsmapperusage        - DS マッパーを有効/無効にします。 既定値は
                               disable です。
        clientcertnegotiation
                             - 証明書のネゴシエーションを有効/無効にします。
                               既定値は disable です。

注釈: IP アドレスおよびポートに対する新しい SSL サーバー証明書のバインド、
      および対応するクライアント証明書ポリシーを追加します。

例:

         add sslcert ipport=1.1.1.1:443 certhash=0102030405060708090A0B0C0D0E0F1011121314 appid={00112233-4455-6677-8899-AABBCCDDEEFF}

サービスにグローバル タイムアウトを追加します。

»netsh »http »add »timeout


C:\Windows>netsh http add timeout ?
                                  
使用法: add timeout [timeouttype=]idleconnectiontimeout|headerwaittimeout 
              [value=]<u-short>                                
 
パラメーター: 
 
        タグ            値                       
        timeouttype   - 設定のタイムアウトの種類です。
        value         - タイムアウト値です (秒)。値が 16 進数の場合は、
                        プレフィックス 0x を追加します。        
                                                                             
注釈: サービスにグローバル タイムアウトを追加します。                        

例:                                                           
 
        add timeout timeouttype=idleconnectiontimeout value=120 
        add timeout timeouttype=headerwaittimeout value=0x40 

URL 予約エントリを追加します。

»netsh »http »add »urlacl


C:\Windows>netsh http add urlacl ?
                               
使用法: add urlacl [url=]<文字列> 
             [ [user=]<文字列> 
                               [ [listen=]yes|no [delegate=]yes|no ] 
               |  
               [sddl=]<文字列> 
             ]
                                                     
パラメーター:                                               
                                                          
    タグ       値                                           
    url      - 完全修飾 URL でキ 
    user     - ユーザーまたはユーザー グループの名前です
    listen   - 次のいずれかの値です: 
               yes: ユーザーによる URL の登録を許可します。これは既定値です。
               no: ユーザーによる URL の登録を禁止します
    delegate - 次のいずれかの値です: 
               yes: ユーザーによる URL の委任を許可します
               no: ユーザーによる URL の委任を禁止します。これは既定値です。
    sddl     - DACL を記述する SDDL 文字列です                                                          
注釈: このコマンドは、管理者以外のユーザーおよびアカウントのために URL を予約
      します。DACL を指定するには、listen および delegate パラメーターと共に
      NT アカウント名を使用するか、SDDL 文字列を使用します。                                                                      
例:                                                  
                                                          
      add urlacl url=http://+:80/MyUri user=<ドメイン>\<ユーザー>
      add urlacl url=http://www.contoso.com:80/
            MyUri user=<ドメイン>\<ユーザー> listen=yes
      add urlacl url=http://www.contoso.com:80/
            MyUri user=<ドメイン>\<ユーザー> delegate=no
      add urlacl url=http://+:80/MyUri sddl=... 

テーブルから構成エントリを削除します。

»netsh »http »delete


C:\Windows>netsh http delete ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
delete cache   - HTTP サービスのカーネル URI キャッシュからエントリを削除します。
delete iplisten - IP リッスン一覧から IP アドレスを削除します。 
delete sslcert - IP アドレスおよびポートに対する SSL 証明書のバインドを削除します。
delete timeout - グローバル タイムアウトを削除します。 
delete urlacl  - URL 予約を削除します。 

HTTP サービスのカーネル URI キャッシュからエントリを削除します。

»netsh »http »delete »cache


C:\Windows>netsh http delete cache ?
                                 
使用法: delete cache [[url=]<文字列> [[recursive=]yes|no]]]           
                                                              
パラメーター:                                                   
                                                              
    タグ         値                                         
    url       - 完全修飾 URL.                          
    recursive - yes の場合、指定された URI の下のエントリをすべて削除します。
                                                              
注釈: このコマンドは、URI キャッシュ全体をフラッシュするか、指定された URI のエントリを削除します。
                                                              
例:                                                     
      delete cache url=http://www.contoso.com:80/myresource/ recursive=yes 
      delete cache                                                   

IP リッスン一覧から IP アドレスを削除します。

»netsh »http »delete »iplisten


C:\Windows>netsh http delete iplisten ?
                                         
使用法: delete iplisten [ipaddress=]<IP アドレス>                                      
                                                                             
パラメーター:                                                                  
                                                                             
    タグ        値                                                             
    ipaddress - IP リッスン一覧から削除する IPv4 または IPv6 のアドレスです。
                これには、ポート番号は含まれません。
                                                                             
注釈: IP リッスン一覧から IP アドレスを削除します。IP リッスン一覧は、   
      HTTP サービスがバインドするアドレスの一覧の範囲を設定するために    
      使用されます。                                                     
                                                                             
例:                                                                    
                                                                             
      delete iplisten ipaddress=fe80::1                                             
      delete iplisten ipaddress=1.1.1.1                                             
      delete iplisten ipaddress=0.0.0.0                                             
      delete iplisten ipaddress=::                                                  

IP アドレスおよびポートに対する SSL 証明書のバインドを削除します。

»netsh »http »delete »sslcert


C:\Windows>netsh http delete sslcert ?
                             
使用法: delete sslcert [ipport=]<IP アドレス:ポート>                   
                                                          
パラメーター:                                               
                                                          
    タグ      値 
    ipport  - SSL 証明書のバインドを削除する 
              IPv4 または IPv6 のアドレスおよびポートです。
                                                          
注釈: IP アドレスおよびポートに対する SSL サーバー証明書のバインド、
      および対応するクライアント証明書ポリシーを削除します。
 
例:                                                 
                                                          
         delete sslcert ipport=1.1.1.1:443                        
         delete sslcert ipport=0.0.0.0:443                        
         delete sslcert ipport=[::]:443 

グローバル タイムアウトを削除します。

»netsh »http »delete »timeout


C:\Windows>netsh http delete timeout ?
                                       
使用法: delete timeout [timeouttype=]idleconnectiontimeout|headerwaittimeout    
                                                                      
パラメーター: 
 
        タグ            値                               
        timeouttype   - 設定のタイムアウトの種類です。        
 
注釈: グローバル タイムアウトを削除して、サービスを既定値に戻します。
                                                               
例:                                                             
                                                                      
        delete timeout timeouttype=idleconnectiontimeout                       
        delete timeout timeouttype=headerwaittimeout                           

URL 予約を削除します。

»netsh »http »delete »urlacl


C:\Windows>netsh http delete urlacl ?
                             
使用法: delete urlacl [url=]<文字列>                              
                                                          
パラメーター:                                               
                                                          
    タグ    値 
    url   - 削除する完全修飾 URL です。   
                                                          
注釈: このコマンドは予約済み URL を削除します。           
                                                          
例:                                                 
                                                          
         delete urlacl url=http://+:80/MyUri                      
         delete urlacl url=http://www.contoso.com:80/MyUri         

構成スクリプトを表示します。

»netsh »http »dump


C:\Windows>netsh http dump ?

使用法: dump

注釈:
    現在の構成を含むスクリプトを作成します。このスクリプトは、ファイルに
    保存すると、変更された構成の設定を復元するのに使用できます。

内部データをフラッシュします。

»netsh »http »flush


C:\Windows>netsh http flush ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
flush logbuffer - ログ ファイルの内部バッファーをフラッシュします。

ログ ファイルの内部バッファーをフラッシュします。

»netsh »http »flush »logbuffer


C:\Windows>netsh http flush logbuffer ?
                                 
使用法: flush logbuffer                                                  
                                                              
注釈: このコマンドは、ログ ファイルの内部バッファーをフラッシュします。
                                                              
例:                                                     
      flush logbuffer                                                   

コマンドの一覧を表示します。

»netsh »http »help


C:\Windows>netsh http help ?

使用法: help

注釈:
       コマンドの一覧を表示します。

情報を表示します。

»netsh »http »show


C:\Windows>netsh http show ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
show cacheparam - HTTP サービスのキャッシュ パラメーターを表示します。
show cachestate - キャッシュされた URI リソースとこれらの関連プロパティを一覧表示します。
show iplisten  - IP リッスン一覧内のすべての IP アドレスを表示します。
show servicestate - HTTP サービスのスナップショットを表示します。
show sslcert   - IP アドレスおよびポートに対する SSL 証明書のバインドを表示します。 
show timeout   - サービスのタイムアウト値を表示しますB
show urlacl    - URL 名前空間の予約を表示します。 

HTTP サービスのキャッシュ パラメーターを表示します。

»netsh »http »show »cacheparam


C:\Windows>netsh http show cacheparam ?
                                         
使用法: show cacheparam                                                          
 
注釈: HTTP サービスのキャッシュ パラメーターを表示します (バイト単位)。        
                                                                      
例:                                                             
      show cacheparam                                                           

キャッシュされた URI リソースとこれらの関連プロパティを一覧表示します。

»netsh »http »show »cachestate


C:\Windows>netsh http show cachestate ?
                             
使用法: show cachestate [[url=]<文字列>]                                
                                                              
パラメーター:                                                   
                                                              
    タグ    値                                           
    url   - 完全修飾 URL です。指定しない場合は、すべての URL を意味します。
            この URL は、登録済み URL のプレフィックスにもなり得ます 
                                                              
注釈: このコマンドは、HTTP 応答キャッシュに格納されたすべてのリソースと
      これらの関連プロパティを一覧表示するか、単一のリソースとその関連
      プロパティを表示します。              
                                                              
例:                                                     
      show cachestate url=http://www.contoso.com:80/myresource           
      show cachestate                                                   

IP リッスン一覧内のすべての IP アドレスを表示します。

»netsh »http »show »iplisten


C:\Windows>netsh http show iplisten ?
                        
使用法: show iplisten                                              
                                                          
注釈: IP リッスン一覧内のすべての IP アドレスを表示します。IP リッスン一覧は、
      HTTP サービスがバインドするアドレスの一覧の範囲を設定するために
      使用されます。 "0.0.0.0" は任意の IPv4 アドレスを意味し、"::" は
      任意の IPv6 アドレスを意味します。                                

HTTP サービスのスナップショットを表示します。

»netsh »http »show »servicestate


C:\Windows>netsh http show servicestate ?
                           
使用法: show servicestate [[view=]session|requestq] [[verbose=]yes|no]     
                                                              
パラメーター:                                                   
                                                              
    タグ       値                                           
    view     - サーバー セッションまたは要求キューに基づいた 
               HTTP サービス状態のスナップショットを表示します。
    verbose  - プロパティ情報も含む詳細情報を表示します。
                                                              
注釈: HTTP サービスのスナップショットを表示します。
 
例:                                                     
      show servicestate view="session"                                  
      show servicestate view="requestq"                                 

IP アドレスおよびポートに対する SSL 証明書のバインドを表示します。

»netsh »http »show »sslcert


C:\Windows>netsh http show sslcert ?
                             
使用法: show sslcert [ipport=]<IP アドレス:ポート>               
                                                          
パラメーター:                                               
                                                          
    タグ      値
    ipport  - SSL 証明書のバインドを表示する対象となる IPv4
              または IPv6 のアドレスおよびポートです。ipport 
              を指定しない場合はすべてのバインドが表示されます。
                                                          
注釈: IP アドレスおよびポートに対する SSL サーバー証明書のバインド、
      および対応するクライアント証明書ポリシーを一覧表示します。
                                                          
 
例:                                                 
                                                          
         show sslcert ipport=[fe80::1]:443 
         show sslcert ipport=1.1.1.1:443                        
         show sslcert ipport=0.0.0.0:443                        
         show sslcert ipport=[::]:443 
         show sslcert 

サービスのタイムアウト値を表示しますB

»netsh »http »show »timeout


C:\Windows>netsh http show timeout ?
                                         
使用法: show timeout                                                          
 
注釈: サービスのタイムアウト値 (秒) を表示します。        
                                                                      
例:                                                             
      show timeout                                                           

URL 名前空間の予約を表示します。

»netsh »http »show »urlacl


C:\Windows>netsh http show urlacl ?
                              
使用法: show urlacl [url=]<文字列>                               
                                                          
パラメーター:                                               
                                                          
    タグ    値 
    url   - 完全修飾 URL です。指定されない場合は、すべての URL を意味します。
                                                          
注釈: このコマンドは、指定した予約済み URL またはすべての予約済み URL の
      DACL を表示します。                                  
 
例:                                                  
                                                          
         show urlacl url=http://+:80/MyUri                      
         show urlacl url=http://www.contoso.com:80/MyUri         
         show urlacl 



- br -/- de -/- dk -/- en -/- es -/- fr -/- hu -/- it -/- jp -/- pt -/- tr -









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



HTTP: ... console/en/index.htm
0.202
10493
Only a few programs, Nenad? Which snow is the best for the Windows PC? Difference between paralyzed and dead pixels? LCD theme for the desktop clock on Windows? Edit all user directorys as admin, the correct path! Flixbus tracking, is that possible? Speed ​​dial key and key combination difference? The difference between software for free and freeware? VideoStudio Ultimate 2018 downloaden und testen! Difference between admin and system admin under Windows?



(0)