SUBST: パスをドライブ名で置き換えます。 ...


 


... コマンドの例 "SUBST"
... "SUBST" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"SUBST" コマンドのヒント

コマンド: "SUBST" がオンです Windows 11, 10, .. , MS Server 2025, 2022, 2019, .. 利用可能

コマンドの例 "SUBST"

`SUBST`Windows コマンド プロンプトのコマンドは、仮想ドライブ文字をパスに割り当てるために使用されます。以下に使用例をいくつか示します。`SUBST`-指示: 例 1: 仮想ドライブ文字の割り当て:

SUBST X: C:\私のフォルダ

説明:この例はドライブを示しています`X:`パス`C:\私のフォルダ`に。これでディレクトリにアクセスできるようになりました`C:\私のフォルダ`仮想ドライブ経由`X:`アクセス。 例 2: マップされたすべての仮想ディスクを表示する:

SUBST

説明:もしあなたが`SUBST`引数を指定しないと、現在マップされているすべての仮想ディスクが表示されます。 例 3: 仮想ディスクのマッピング解除:

SUBST X: /D

説明:このコマンドは仮想ディスクのマッピングを解除します。`X:`の上。 例 4: 環境変数の使用:

SET 私のフォルダ=C:\ユーザー\あなたのユーザーネーム\独自のファイル
SUBST Y: %私のフォルダ%

説明:環境変数 (`私のフォルダ`)そしてドライブ`Y:`割り当てられました。これは、スクリプト内で変数パスを使用する場合に便利です。 例 5: 相対パスの使用:

CD \プロジェクト
SUBST P: .

説明:コマンド`SUBST P: .`ドライブを指します`P:`現在のディレクトリ (`.`) へのパスとして。これにより、仮想ドライブ経由で現在のディレクトリにアクセスできるようになります。`P:`アクセス。 ただし、留意すべき点がいくつかあります。 - 付属の仮想ドライブ`SUBST`これらは現在のセッションでのみ有効であり、再起動後に失われます。 - 仮想ドライブの削除は次のように行われます。`/D`。 - 割り当てられたドライブ文字が別のドライブで使用されていないことを確認してください。 - もし、あんたが`SUBST`スクリプトまたはバッチ ファイルでは、仮想ドライブのマッピングはスクリプトの実行中のみ有効であり、スクリプトの終了時に割り当てが解除されることに注意してください。 付属の仮想ドライブは次のことを知っておくことが重要です。`SUBST`作成されましたが永続的ではなく、システムの再起動後にキャンセルされます。永続的な関連付けが必要な場合は、代わりに次のようにする必要があります。`NET USE`または Windows レジストリを使用します。

"SUBST" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>

パスをドライブ名に関連付けます。

SUBST [ドライブ1: [ドライブ2:]パス]
SUBST ドライブ1: /D

  ドライブ1:        パスを割り当てる仮想ドライブを指定します。
  [ドライブ2:]パス  仮想ドライブに割り当てる物理ドライブとパスを指定します。
  /D                置換した (仮想) ドライブを削除します。

現在の仮想ドライブ一覧を表示するときは、パラメータを指定せずに SUBST と入力してください。

重要な情報、"SUBST" コマンドのヒント

を使用するときは、`SUBST`Windows コマンド プロンプトでコマンドを使用する場合、注意すべき重要な点がいくつかあります。 1. 割り当ての永続性:`SUBST`作成された仮想ドライブは現在のセッションでのみ有効であり、システムの再起動後に失われます。永続的な関連付けが必要な場合は、代わりに次のようにする必要があります。`NET USE`または Windows レジストリを使用します。 2. ドライブ文字を選択する際の注意:割り当てられたドライブ文字が別のドライブまたはデバイスによって使用されていないことを確認してください。物理ドライブまたはネットワーク共有がすでにそのドライブ文字を使用している場合は、ドライブ文字の選択を避ける必要があります。 3. マップ解除:仮想ディスクのマップを解除するには、次のコマンドを使用します。`SUBST`スイッチを使って`/D`

SUBST X: /D

4. 環境変数の使用:環境変数を使用して、パスをより柔軟にすることができます。ただし、これらの環境変数は現在のセッションでのみ有効であることに注意してください。

SET 私のフォルダ=C:\ユーザー\あなたのユーザーネーム\独自のファイル
SUBST Y: %私のフォルダ%

5. 相対パス: `SUBST`相対パスの使用も許可されます。現在のディレクトリを仮想ドライブのパスとして使用できます。

CD \プロジェクト
SUBST P: .

注意することが重要です`SUBST`一時的なセッションベースのマッピングのみを提供する傾向があります。特にシステムの再起動後に永続的な関連付けが必要な場合は、次のような他のメカニズムを使用する方がよい場合があります。b.`NET USE`ネットワーク ドライブの場合は、永続的なドライブ文字の割り当ての場合は Windows レジストリです。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド SUBST - パスをドライブ名で置き換えます。

HTTP: ... console/ja/063.htm
0.093
18814
Windows 10/11 OEM and full version, difference? Mehrere Instanzen derselben App mit Administratorberechtigungen, aber wie? Only use the external monitor on the Surface Pro or laptop at Win 10/11! Windows 10/11: shell:fonts! Windows 10 / 11 goes to sleep too early! Recognize the CPU load through individual programs and APPs! shell:Common AppData on Windows 10 / 11! Where did my downloads go on Windows 11/10! Share and user names, save the network passwords on Windows 11, 10, ...! Change or Set a new password under Windows 10/11!



(0)