NET HELP FILE: は、共有ファイルを閉じ、ファイル ...


... コマンドの例 "NET HELP FILE"
... "NET HELP FILE" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"NET HELP FILE" コマンドのヒント

コマンド: "NET HELP FILE" がオンです Windows 11, 10, .. 利用可能

コマンドの例 "NET HELP FILE"

`NET FILE`コマンドは Windows コマンドラインで実行されます (`cmd`) ネットワーク共有上で開いているファイルに関する情報を取得するために使用されます。このコマンドの使用例と詳細な説明を次に示します。 例 1: ネットワーク共有上で開いているすべてのファイルを表示する

net file

説明: このコマンドは、ネットワーク共有上のローカル コンピューター上で開いているすべてのファイルを一覧表示します。出力には、ファイル番号 (ID)、ユーザー名、ロック、ファイル パスなどの情報が含まれます。 例 2: 開いている特定のファイルに関する詳細情報を表示します

net file 1234

説明: ファイル番号 1234 で開かれているファイルに関する詳細情報が表示されます。番号を実際のファイル番号に置き換えます。`net file`受け取りました。 例 3: 開いているファイルをファイル番号で閉じる

net file 5678 /close

説明: このコマンドは、ファイル番号 5678 の開いているファイルを閉じます。これは、ファイルがユーザーによって使用されないようにする場合に便利です。 例 4: リモート コンピュータ上で開いているファイルを表示する

net file /遠隔的に \\リモート_コンピューター

説明: これは、「RemoteComputer」という名前のリモート コンピュータ上で開いているファイルのリストを表示します。パラメータ`/遠隔的に`アクションを別のコンピュータで実行する必要があることを示します。 例 5: リモート コンピューター上で開いているファイルの詳細を表示する

net file /遠隔的に \\リモート_コンピューター /detail

説明: このコマンドは、リモート コンピューター上で開かれているファイルに関する詳細情報を表示します。パラメータ`/detail`追加の詳細を表示する必要があることを示します。 例 6: 共有上で開いているすべてのファイルを閉じる

net file /closeall

説明: このコマンドは、ローカル コンピューター上のすべての共有上で開いているすべてのファイルを閉じます。これは、メンテナンスを実行する必要がある場合に役立ちます。 例 7: 特定の共有上で開いているファイルを表示する

net file /server:ServerName /share:共有名

説明: これは、「ServerName」という名前のサーバー上の共有「ShareName」上で開いているファイルのリストを示します。名前を実際の名前に置き換えます。 特定のオプションが利用できるかどうかは、Windows のバージョンによって異なる場合があることに注意してください。あなたはできる`NET FILE /?`コマンド プロンプトで、特定のオプションと構文の詳細を確認します。

"NET HELP FILE" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>

このコマンドの構文は次のとおりです:


NET FILE 
[id [/CLOSE]]

NET FILE は、共有ファイルを閉じ、ファイルのロックを解除します。
パラメータなしで使うと、サーバー上の開かれているファイルの一覧を表示
します。一覧には、開かれているファイルに割り当てられている識別番号、
ファイルのパス名、ユーザー名、ファイル上のロックの数が含まれます。

このコマンドは、Server サービスを実行するコンピュータ上でのみ使えます。

id
   ファイルの識別番号を指定します。
/CLOSE
   開かれているファイルを閉じ、ファイルのロックを解除しワす。この
   コマンドは、ファイルが共有されているサーバーから入力します。

NET HELP コマンド | MORE で、ヘルプを 1 画面ずつ表示します。

重要な情報、"NET HELP FILE" コマンドのヒント

を使用するときは、`NET FILE`Windows コマンドラインでコマンドを使用する場合は、次の点に注意してください。 1. 管理者権限: - の実行`NET FILE`管理者権限が必要です。必要なすべてのリソースにアクセスするには、必ず管理者としてコマンド プロンプトを開いてください。 2. 正しい構文を使用してください: - 正しい構文を使用していることを確認してください。`NET FILE`特に追加のオプションを使用する場合は、コマンドを実行します。構文が正しくないとエラーが発生する可能性があります。 3. ファイル番号について: - 次の出力`NET FILE`特定の開いているファイルに関連付けられたファイル番号 (ID) が含まれています。特定のファイルを閉じるときにこれらの ID がどのように使用できるかを理解します。 4. ファイルを閉じるときは注意してください: - 開いているファイルを閉じる (`NET FILE /CLOSE`または`NET FILE /CLOSE`)進行中のプロセスに影響を与える可能性があるため、慎重に行う必要があります。閉鎖が必要であることを確認してください。 5. リモート コンピュータ情報: - 次の場合`NET FILE`リモート コンピュータ上で実行します (`NET FILE /リモート`)、リモート コンピューター上で必要なアクセス許可があること、およびリモート コンピューターがコマンドをサポートしていることを確認してください。 6. 安全面を遵守してください: - 開いているファイルの情報は、セキュリティ上の機密情報が漏洩する可能性があるため、必ず責任を持って処理してください。 7. ネットワーク共有を確認します: - ネットワーク共有がアクセスされていることを確認します。`NET FILE`コマンドが適切に設定されており、アクセス可能であること。 8. 変更を元に戻す: - 特にファイルを閉じるときや他のアクションを実行するときは、変更を元に戻す方法を必ず知ってください。 9. テスト環境を使用する: - 可能であればテストします。`NET FILE`テスト環境でコマンドを実行して、運用環境への影響を最小限に抑え、予想される動作を検証します。 10. Windows バージョンとの互換性: - 利用可能なオプションと動作は、Windows のバージョンによって異なる場合があります。コマンドがオペレーティング システムの特定のバージョンと互換性があることを確認してください。 これらの点に注意することで、`NET FILE`-ご使用の環境でコマンドを安全かつ効果的に使用してください。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド NET HELP FILE - は、共有ファイルを閉じ、ファイルのロックを解除します。パラメータなしで使うと、サーバー上の開かれているファイルの一覧を表示 します。一覧には、開かれているファイルに割り当てられている識別番号、ファイルのパス名、ユーザー名、ファイル上のロックの数が含まれます。

HTTP: ... console/ja/108.htm
0.093
63877

Was ist Telegram und sollte ICH es verwenden?

Fast multi touch screen test for all Windows systems!

Prevent Shutdown, Standby, Hibernate, Turn Off, Restart on MS Windows 11, 10, ... OS!

Verstecken Sie den Mauszeiger auf allen Windows Desktop- und Server-Betriebssystemen!

Managing Layout profiles from Task-Bar (Windows Desktops)!

If the network drive disappears after restart or update!



(0)