ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>NET HELP USER
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET USER
[ユーザー名 [パスワード | *] [オプション]] [/DOMAIN]
        ユーザー名 {パスワード | *} /ADD [オプション] [/DOMAIN]
        ユーザー名 [/DELETE] [/DOMAIN]

NET USER は、コンピュータ上のユーザー アカウントを作成、修正します。
パラメータなしで使うと、コンピュータのユーザー アカウントを一覧表示します。
ユーザー アカウント情報は、ユーザー アカウント データベースに格納されます。

このコマンドは、サーバー上でのみ使えます。

ユーザー名
  追加、削除、修正、まスは表示するユーザー アカウントの名前を指定します。
  ユーザー アカウントの名前は、半角で 20 文字以内です。
パスワード
  そのユーザーの アカウントに割り当てる、または変更するパスワードを
  指定します。パスワードは、NET ACCOUNTS コマンドの /MINPWLEN パラメータ
  で設定された最小の文字数を満たしていなければなりません。パスワードは、
  半角で 14 文字以内です。
*
  パスワードの入力を求めるプロンプトを表示します。パスワードは、
  プロンプトに対する入力時には表示されません。
/DOMAIN
  現在のドメインのドメCン コントローラ上でこの処理を実行します。この
  パラメータがない場合は、ローカル コンピュータ上でこの処理を実行します。
/ADD
  ユーザー アカウント データベースにユーザー アカウントを追加します。
/DELETE
  ユーザー アカウント データベースからユーザー アカウントを削除します。
オプション
  次のとおりです。
  オプション                 説明
  ------------------         ------------------------------------------
  /ACTIVE:{YES | NO}         アカウントを有効または無効にします。
                             アカウントが有効でないと、ユーザーは
                             サーバーにアクセスできません。既定値は
                             YES です。
  /COMMENT:"テキスト"        そのユーザーのアカウントに関する説明の
                             コメントを指定します (48 文字以内)。
                             テキストは二重引用符で囲みます。
  /COUNTRYCODE:nnn           ヘルプやエラー メッセージを表示する際の言語
                             ファイルに適用されるオペレーティング システム
                             のカントリ コードを指定します。0 は、
                             既定のカントリ コードを表します。
  /EXPIRES:{日付 | NEVER}    アカウントの有効期間の日付を指定します。
                             NEVER は、アカウントに有効期間を設定しません。
                             日付の形式はそのシステムの日付の形式の設定に
                             より異なりますが、既定は yy/mm/dd です。
                             年は 2 桁または 4 桁です。日付はカンマまたは
                             スラッシュ (/) で区切り、スペースは入れられ
                             ません。
  /FULLNAME:"名前"           ユーザーのフル ネームを指定します (ユーザー名
                             ではありません)。名前は二重引用符で囲みます。
  /HOMEDIR:パス名            ユーザーのホーム ディレクトリのパスを指定
                             します。指定するパスは、存在していなければ
                             なりません。
  /PASSWORDCHG:{YES | NO}    ユーザーが自分のパスワードを変更できるか
                             どうかを指定します。既定値は YES です。
  /PASSWORDREQ:{YES | NO}    ユーザー アカウントにパスワードがなければ
                             ならないかどうかを指定します。既定値は
                             YES です。
  /PROFILEPATH[:パス]        ユーザーのログオン プロファイルのパスを
                             指定します。
  /SCRIPTPATH:パス名         ユーザーのログオン スクリプトの場所を指定
                             します。
  /TIMES:{時間 | ALL}        ログオン時間を指定します。時間は、
                             曜日[-曜日][,曜日[-曜日]],時刻[-時刻][,時刻
                             [-時刻]] で表し、時刻は 1 時間刻みです。
                             曜日は、英単語または短縮形です。時刻は、
                             12 時間制または 24 時間制です。12 時間制
                             では、am、pm、a.m.、p.m. を使います。
                             ALL は、ユーザーがいつでもログオンできること
                             を意味し、空白は、ユーザーがまっスくログオン
                             できないことを意味します。曜日と時刻は、
                             カンマで区切ります。曜日と時刻の組を複数指定
                             する場合は、セミコロンで区切ります。
  /USERCOMMENT:"テキスト"    管理者がアカウントに対するユーザーの
                             コメントを追加または変更できるようにします。
  /WORKSTATIONS:{コンピュータ名[,...] | *}
                             ユーザーがネットワークにログオンするときに
                             使えるコンピュータを 8 台以内で指定します。
                             /WORKSTATIONS に何も指定しないか、または *
                             を指定すると、ユーザーはどのコンピュータ
                             からでもログオンできます。

NET HELP コマンド | MORE で、ヘルプを 1 画面ずつ表示します。



C:\WINNT>NET HELP VIEW
このコマンドの構文は次のとおりです:


NET VIEW
[\\コンピュータ名 [/CACHE] | /DOMAIN[:ドメイン名]]
NET VIEW /NETWORK:NW [\\コンピュータ名]

NET VIEW は、コンピュータ上で共有されている資源の一覧を表示します。
パラメータなしで使うと、現在のドメインまたはネットワーク内の
コンピュータの一覧を表示します。

\\コンピュータ名
  共有資源を表示させるコンピュータを指定します。
/DOMAIN:ドメイン名
  コンピュータを表示させるドメインを指定します。ドメイン名を省略すると、
  ローカル エリア ネットワークのすべてのドメインを表示します。
/NETWORK:NW
  NetWare ネットワーク上で利用可能なサーバーをすべて表示します。
  コンピュータ名を指定すると、NetWare ネットワークの指定したコンピュータ
  上で利用可能な資源を表示します。
/CACHE                    
  指定したコンピュータ上のリソースのオフライン クライアント キャッシュ
  設定を表示します。



C:\WINNT>NET HELP SYNTAX
このコマンドの構文は次のとおりです:


SYNTAX
コマンドの構文の表記には、次の規則が使われています。

o  大文字は、示されたとおりに入力しなければならない単語を表します。
  小文字は、ファイル名などのように、可変項目の名前を表します。

o  [ ] は、コマンドに対して指定しても、しなくてもよい項目を囲みます。

o  { } は、コマンドに対してどれか 1 つを指定しなければならない項目を
  囲みます。

o  | は、コマンドに対してどれか 1 つを指定しなければならない項目を
  区切ります。

  たとえば、次の構文では、NET COMMAND および SWITCH1 か SWITCH2 の
  どちらかを入力しなければなりません。名前は、指定しても、しなくても
  かまいません。
      NET COMMAND [名前] {SWITCH1 | SWITCH2}

o  [...] は、直前の項目の繰り返しを意味します。繰り返す項目は、
  スペースで区切ります。

o  [,...] は、直前の項目の繰り返しを意味します。ただし、繰り返す
  項目は、スペースではなく、カンマまたはセミコロンで区切らなければ
  なりません。

o  2 単語以上から構成されるサービス名は、コマンド プロンプトから
  入力する際に二重引用符 (") で囲まなければなりません。たとえば、
  NET START "COMPUTER BROWSER" と入力すると、Computer Browser
  サービスが開始されます。






GOTO : NETSTAT /?





... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell










Download the Windows 10 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
HTTP: ... console/ja/125.htm
0.046

How to open Control Panel in Windows-7 start  (find, run, start)?

 /

Wo ist der Autostart-Ordner in Windows 8.1, bzw. 8?

 /

Help! Default bold font is killing my eyes!

 /

Schatten und gestreifte Linien bei der neuen Grafikkarte (defekt, Fehler)!

 /