tracert: tracert


... コマンドの例 "tracert"
... "tracert" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... 重要な情報、"tracert" コマンドのヒント

コマンド: "tracert" がオンです Windows 11, 10, .. 利用可能

コマンドの例 "tracert"

もちろん、ここにはその詳細と例があります`tracert`Windows 上のツール。コマンド ラインの例の後に追加の技術テキストが含まれます。 例 9: Tracert: これ`tracert`- コマンド ライン ツールは、ネットワークの問題を診断するのに便利なユーティリティです。命令に従って`tracert`コマンド ラインには、データ パケットが宛先に到達するまでに通過するホップのリストが表示されます。各ホップは宛先に向かう途中のルーターを表し、ホップの横の数字はパケットの配信にかかる時間を示します。のようなオプション`-d``-h``-w``-s`そして`-r`トレースルートプロセスの詳細なカスタマイズを可能にします。

tracert example.com

例 10: ホップ数が制限された Tracert: オプションを追加することにより`-h`および最大ホップ数により、traceroute の範囲を特定の数の中間ステーションに制限できます。

tracert -h 15 example.com

例 11: カスタム ソース アドレスを使用した Tracert: オプション`-s`特定の送信元アドレスを設定できます。これは、複数のネットワーク インターフェイスがある場合に特に便利です。

tracert -s 192.168.1.2 example.com

例 12: DNS 解決を使用しない Tracert: オプションを追加することによって`-d`見つかったホップについては DNS 解決がスキップされるため、traceroute プロセスが高速化されます。

tracert -d example.com

例 13: ルーティング ヘッダーを含む Tracert: オプション`-r`ルーティング ヘッダーを使用して逆ルートをテストできるようにし、データ パケットのリターン パスに関する追加情報を提供します。

tracert -r example.com

例 14: タイムアウト調整を伴う Tracert: オプションでタイムアウト値を調整します。`-w`各ホップ応答の待ち時間を設定できます。

tracert -w 2000 example.com

これらの高度なオプションにより、traceroute プロセスをきめ細かく制御でき、ネットワーク ルートと遅延の詳細な分析が可能になります。の使用法`tracert`これらのオプションを組み合わせると、ネットワークの問題を特定して解決するのに非常に役立ちます。 これらの例は、どのように行うかについてのアイデアを提供するはずです。`tracert`ネットワーク ルートを確認し、遅延を分析するためのさまざまなオプションを備えています。正確なオプションは Windows のバージョンによって異なる場合があるため、ヘルプ ドキュメントを参照することをお勧めします (`tracert /?`) 特定のバージョンに対応します。

"tracert" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>


Usage: tracert [-d] [-h maximum_hops] [-j host-list] [-w timeout] target_name

Options:
    -d                 Do not resolve addresses to hostnames.
    -h maximum_hops    Maximum number of hops to search for target.
    -j host-list       Loose source route along host-list.
    -w timeout         Wait timeout milliseconds for each reply.

重要な情報、"tracert" コマンドのヒント

使用するとき`tracert`特定の側面に注意を払うことが重要です。まず、特定のルーター上のファイアウォールとセキュリティ ポリシーによって、traceroute が妨げられたり、不完全な結果が生成されたりする可能性があります。したがって、予期しないホップや長い遅延時間は注意して解釈する必要があります。次に、DNS 解決を使用します (`-d`オプション) は、特に DNS の問題を回避する場合に、traceroute の速度を向上させるのに役立ちます。3 番目に、タイムアウト値を調整します (`-w`オプション) は、各ホップからの応答に十分な時間を確保するのに役立ちます。最後に、の使用`tracert`インターネット サービス プロバイダーによってはこの種のトラフィックを制限する場合があり、過度の使用は潜在的な脅威とみなされる可能性があるため、慎重に行う必要があります。したがって、ネットワーク インフラストラクチャの特定の要件と制限を考慮することをお勧めします。 以下と同様の目的を果たす代替ツールがいくつかあります。`tracert`に使える。その一部を次に示します。 1. MTR (My TraceRoute): - 機能: MTR は以下の機能を組み合わせます。`ping`そして`tracert`ping およびtraceroute データを継続的に収集し、ネットワーク ルートと遅延のライブ概要を提供します。 - 例:`mtr example.com` 2. WinMTR: - 特徴: WinMTR は MTR の Windows バージョンであり、ネットワーク ルートと遅延を簡単に監視するためのグラフィカル ユーザー インターフェイスを提供します。 - 例:`winmtr example.com` 3. PathPing (Windows): - 機能: 前の例ですでに述べたように、提供されます。`pathping`と同様の高度な機能`tracert`そして`ping`、目的地までのルートを追跡し、統計情報を表示します。 - 例:`pathping example.com` 4. PingPlotter: - 機能: PingPlotter は、宛先までのルートと遅延を視覚化し、ネットワーク パフォーマンスの時間管理された監視を可能にします。 - 例:`pingplotter example.com` 5. ビジュアルルート: - 機能: VisualRoute は、ネットワーク ルートを視覚的に表現し、地理的な位置を含む各ホップに関する情報を表示します。 - 例:`visualroute example.com` 6. FastNetMon: - 特徴: FastNetMon は、ルーティングの問題を特定するためのtraceroute サポートなど、異常なアクティビティに対応するネットワーク監視ツールです。 - 例: コマンド ラインからではなく、スタンドアロン アプリケーションとして。 これらのツールは、ネットワークの監視と診断にさまざまなアプローチを提供します。選択は、特定の要件、好み、および必要な詳細レベルによって異なります。いくつかのツールを試して、それぞれの状況に最適なものを見つけることをお勧めします。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド tracert - tracert

HTTP: ... console/ja/165.htm
0.108
8339

The category file management on Software OK!

File sorting influence chronologically yourself in the Explorer views!

Print folder size on all MS Windows 11, 10, ... OS!

Digitale Kalender-Tagesuhr hilft Menschen, die Zeitorientierung zu behalten und unabhängiger zu sein!

Expand desktop shortcut icons, or off, on Windows 10, 8.1, ...!

Change the language in QuickTextPaste!



(0)