Windows Seven netsh wfp コマンド

Microsoft Windows [Version 6.1.7000]
(C) Copyright 2009 Microsoft Corp. C:\Windows>netsh wfp ? 使用できるコマンドは次のとおりです: このコンテキストのコマンド: ? - コマンドの一覧を表示します。 capture - リアルタイム診断情報をキャプチャします。 dump - 構成スクリプトを表示します。 help - コマンドの一覧を表示します。 set - WFP 診断オプションを設定します。 show - WFP の構成および状態を表示します。 コマンドのヘルプを表示するには、コマンドの後にスペースを入れ、 ? と入力してください。

リアルタイム診断情報をキャプチャします。

»netsh »wfp »capture


C:\Windows>netsh wfp capture ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
capture start  - 対話型キャプチャ セッションを開始します。 
capture status - 対話型キャプチャ セッションが進行中かどうかを通知します。
capture stop   - 対話型キャプチャ セッションを停止します。

対話型キャプチャ セッションを開始します。

»netsh »wfp »capture »start


C:\Windows>netsh wfp capture start ?



   使用法: capture start
            [ [ cab = ] (ON | OFF) ]
            [ [ traceonly = ] (ON | OFF) ]
            [ [ keywords = ] (NONE | BCAST | MCAST | BCAST+MCAST) ]
            [ [ file = ] <パス> ]

   パラメーター:

      タグ             値
      cab            - ON または OFF を指定できます。既定値は ON です。
                       ON を指定した場合、ファイルを単一の .cab ファイルに
                       コンパイルします。
                       OFF を指定した場合、出力ファイルは非圧縮のままです。
                       これは、他のユーザーのためにデータを収集する場合では
                       なく、自分のトラブルシューティングを行う場合に便利です。

      traceonly      - ON または OFF を指定できます。既定値は OFF です。
                       ON を指定した場合、イベント トレースのみが収集され、
                       出力ファイルのサイズは小さくなります。

      keywords       - NONE、BCAST、MCAST、または BCAST+MCAST を指定できます。
                       既定値は BCAST+MCAST です。
                       セッションのネット イベント キーワードを設定します。
                       BCAST にはブロード キャスト イベントが含まれ、
                       MCAST にはマルチキャスト イベントが含まれます。
                       長時間実行するキャプチャの場合にファイル サイズを
                       小さくするには、NONE を指定します。

      file           - 出力ファイルの名前。既定値は 'wfpdiag.cab' です。
                       cab オプションが ON の場合は、自動的に .cab が
                       出力ファイルに追加されるため、ファイル名には
                       拡張子を含めないでください。

   注釈:    対話型キャプチャ セッションを開始します。
            キャプチャを停止するには、'capture stop' を実行します。

対話型キャプチャ セッションが進行中かどうかを通知します。

»netsh »wfp »capture »status


C:\Windows>netsh wfp capture status ?
 
 

   使用法: capture status 
 

   注釈:   対話型キャプチャ セッションが進行中かどうかを通知します。

対話型キャプチャ セッションを停止します。

»netsh »wfp »capture »stop


C:\Windows>netsh wfp capture stop ?
 
 

   使用法: capture stop 
 

   注釈:   対話型キャプチャ セッションを停止します。
           前回実行されたコマンドが 'capture start' の場合に有効です。

構成スクリプトを表示します。

»netsh »wfp »dump


C:\Windows>netsh wfp dump ?

使用法: dump

注釈:
    現在の構成を含むスクリプトを作成します。このスクリプトは、ファイルに
    保存すると、変更された構成の設定を復元するのに使用できます。

コマンドの一覧を表示します。

»netsh »wfp »help


C:\Windows>netsh wfp help ?

使用法: help

注釈:
       コマンドの一覧を表示します。

WFP 診断オプションを設定します。

»netsh »wfp »set


C:\Windows>netsh wfp set ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
set options    - ネット イベントのエンジン オプションを設定します

ネット イベントのエンジン オプションを設定します

»netsh »wfp »set »options


C:\Windows>netsh wfp set options ?

 

   使用法: set options
             [ [ netevents = ] ON | OFF ]
             [ [ keywords = ] NONE | BCAST | MCAST| BCAST+MCAST ]

   パラメーター:

      タグ           値
      netevents    - ON または OFF を指定できます。
                     netevents オプションを設定します。既定値は ON です。

      keywords     - NONE、BCAST、MCAST、または BCAST+MCAST を指定できます。
                     keywords オプションを設定します。既定値は NONE です。

   注釈:      ネット イベントのエンジ・オプションを設定します。
              実行ごとに、オプション パラメーターを 1 つだけ設定できます。

WFP の構成および状態を表示します。

»netsh »wfp »show


C:\Windows>netsh wfp show ?

使用できるコマンドは次のとおりです:

このコンテキストのコマンド:
show appid     - 指定されたファイルのアプリケーション ID を表示します。
show boottimepolicy - ブート時のポリシーおよびフィルターを表示します。
show filters   - 指定されたトラフィック パラメーターと一致するフィルターを表示します。
show netevents - トラフィック パラメーターと一致する最近のネットワーク イベントを表示します。
show options   - ネット イベントのエンジン オプションを表示します。
show security  - 指定されたセキュリティ記述子を表示します。
show state     - WFP および IPsec の現在の状態を表示します。
show sysports  - TCP/IP スタックと RPC サブシステムによって使用されるシステム ポートを表示します。

指定されたファイルのアプリケーション ID を表示します。

»netsh »wfp »show »appid


C:\Windows>netsh wfp show appid ?

 

   使用法: show appid  [ file = ] <パス>

   パラメーター:

      タグ           値
      file           - アプリケーションの DOS パスを指定します。

   注釈:   指定されたファイルのアプリケーション NT パスを表示します。
           指定のパスが存在する必要があります。

ブート時のポリシーおよびフィルターを表示します。

»netsh »wfp »show »boottimepolicy


C:\Windows>netsh wfp show boottimepolicy ?
 
 

   使用法: show boottimepolicy [ [ file = ] <パス> | - ]

   パラメーター:

      タグ         値
      file         - 出力ファイルの名前。既定値は 'btpol.xml' です。
                     このパラメーターにハイフンが指定された場合 ('file = -')、
                     出力内容はコンソールのみに書き込まれます。

   注釈:   ブート時のポリシーおよびフィルターを表示します。

指定されたトラフィック パラメーターと一致するフィルターを表示します。

»netsh »wfp »show »filters


C:\Windows>netsh wfp show filters ?
 
 

   使用法: show filters
             [ [ file = ] <パス> | - ]
             [ [ protocol = ] <IP プロトコル> ]
             [ [ localaddr = ] <IP アドレス> ]
             [ [ remoteaddr = ] <IP アドレス> ]
             [ [ localport = ] <ポート> ]
             [ [ remoteport = ] <ポート> ]
             [ [ appid = ] <パス> ]
             [ [ userid = ] <ユーザー> ]
             [ [ dir = ] IN | OUT ]
             [ [ verbose = ] ON | OFF ]

   パラメーター:

      タグ           値
      file           - 出力ファイルの名前。既定値は 'filters.xml' です。
                       このパラメーターにハイフンが指定された場合 ('file = -')、
                       出力内容はコンソールのみに書き込まれます。

      protocol       - IP プロトコル。整数で指定する必要があります。

      localaddr
      remoteaddr     - IP アドレス。
                       'localaddr' はローカル IP アドレスで、
                       'remoteaddr' はリモート IP アドレスです。
                       これらのアドレスは IPv4 または IPv6 です。
                       両方とも指定する場合は、同じアドレス ファミリに
                       属している必要があります。

      localport
      remoteport     - ポート。
                       'localport' はローカル ポートで、
                       'remoteport' はリモートポートです。
                       整数で指定する必要があります。

      appid          - ローカル ホストでトラフィックを送受信する
                       アプリケーション。
                       これは、次のような NT パスか、
                      '\device\harddiskvolume1\windows\system32\ftp.exe'
                       または次のような DOS パスです。
                      'c:\Windows\System32\ftp.exe'
                       指定のパスが存在する必要があります。

      userid         - ローカル ホストでトラフィックを送受信するユーザー。
                       userid には、SID ('S-1-5-18' など) またはユーザー名
                       ('nt authority\system' など) を指定できます。

      dir            - 接続の方向。IN または OUT を指定します。
                       既定では、送信と受信の両方のトラフィックのフィルターが
                       表示されます。

                       受信トラフィックのフィルターのみを表示するには IN を、
                       送信トラフィックのフィルターのみを表示するには OUT を
                       使用します。

      verbose        - すべてのフィルターを表示するかどうかを決定します。
                       ON または OFF を指定できます。既定値は OFF です。
                       OFF の場合、一致するフィルターのうち、接続に影響する
                       可能性の低いものは非表示になります。
                       ON の場合、フィルターはすべて表示されます。


   注釈:   指定されたトラフィック パラメーターと一致するフィルターを表示します。

トラフィック パラメーターと一致する最近のネットワーク イベントを表示します。

»netsh »wfp »show »netevents


C:\Windows>netsh wfp show netevents ?
 
 

   使用法: show netevents
             [ [ file = ] <パス> | - ]
             [ [ protocol = ] <IP プロトコル> ]
             [ [ localaddr = ] <IP アドレス> ]
             [ [ remoteaddr = ] <IP アドレス> ]
             [ [ localport = ] <ポート> ]
             [ [ remoteport = ] <ポート> ]
             [ [ appid = ] <パス> ]
             [ [ userid = ] <ユーザー> ]
             [ [ timewindow = ] <秒> ]

   パラメーター:

      タグ           値
      file           - 出力ファイルのシ前。既定値は 'netevents.xml' です。
                       このパラメーターにハイフンが指定された場合 ('file = -')、
                       出力内容はコンソールのみに書き込まれます。

      protocol       - IP プロトコル。整数で指定する必要があります。

      localaddr
      remoteaddr     - IP アドレス。
                       'localaddr' はローカル IP アドレスで、
                       'remoteaddr' はリモート IP アドレスです。
                       これらのアドレスは IPv4 または IPv6 です。
                       両方とも指定する場合は、同じアドレス ファミリに
                       属している必要があります。

      localport
      remoteport     - ポート。
                       'localport' はローカル ポートで、
                       'remoteport' はリモートポートです。
                       整数で指定する必要があります。

      appid          - ローカル ホストでトラフィックを送受信する
                       アプリケーション。
                       これは、次のような NT パスか、
                      '\device\harddiskvolume1\windows\system32\ftp.exe'
                       または次のような DOS パスです。
                      'c:\Windows\System32\ftp.exe'
                       指定のパスが存在する必要があります。

      userid         - ローカル ホストでトラフィックを送受信するユーザー。
                       userid には、SID ('S-1-5-18' など) またはユーザー名
                       ('nt authority\system' など) を指定できます。

      timewindow     - 出力を、指定されス秒内に発生したネットワーク イベントに
                       制限します。整数で指定する必要があります。

   注釈:   指定されたトラフィック パラメーターと一致する最近の
           ネットワーク イベントを表示します。

ネット イベントのエンジン オプションを表示します。

»netsh »wfp »show »options


C:\Windows>netsh wfp show options ?

 

  使用法: show options [optionsfor = ] NETEVENTS | KEYWORDS

   パラメーター:

      タグ           値
      optionsfor     - NETEVENTS または KEYWORDS を指定できます。
                       NETEVENTS は、ネットワーク イベントが診断用に
                       バッファーされるかどうかを示します。
                       KEYWORDS は、どのネットワーク イベントが診断用に
                       バッファーされるかを示します。

  注釈:      指定されたオプションの現在の値セットを表示します。

指定されたセキュリティ記述子を表示します。

»netsh »wfp »show »security


C:\Windows>netsh wfp show security ?

 

   使用法: show security
             [ type = ] CALLOUT|ENGINE|FILTER|IKESADB|IPSECSADB|LAYER|
                        NETEVENTS|PROVIDER|PROVIDERCONTEXT|SUBLAYER
             [ [ guid = ] <GUID>

   パラメーター:

      タグ           値
      type         - 取得するオブジェクトの種類を指定します。
                     CALLOUT、ENGINE、FILTER、IKESADB、IPSECSADB、
                     LAYER、NETEVENTS、PROVIDER、PROVIDERCONTEXT、または
                     SUBLAYER を指定できます。

      guid         - オブジェクト単位のセキュリティ記述子をサポートする
                     オブジェクトの種類の場合、これはオブジェクトの GUID に
                     なります。
                     指定しない場合は既定値の IID_NULL になり、
                     タイプ コンテナーのセキュリティ記述子が取得されます。
                     次の種類は、オブジェクト単位のセキュリティ記述子を
                     サポートします。
                        callout
                        filter
                        layer
                        provider
                        providercontext
                        sublayer

   注釈:    指定されたセキュリティ記述子を表示します。

WFP および IPsec の現在の状態を表示します。

»netsh »wfp »show »state


C:\Windows>netsh wfp show state ?
 
 

   使用法: show state [ [ file = ] <パス> | - ]

   パラメーター: 

      タグ         値
      file         - 出力ファイルの名前。既定値は 'wfpstate.xml' です。
                     このパラメーターにハイフンが指定された場合 ('file = -')、
                     出力内容はコンソールのみに書き込まれます。

   注釈:   WFP および IPsec の現在の状態を表示します。

TCP/IP スタックと RPC サブシステムによって使用されるシステム ポートを表示します。

»netsh »wfp »show »sysports


C:\Windows>netsh wfp show sysports ?
 
 

   使用法: show sysports [ [ file = ] <パス> | - ]  
   パラメーター: 

      タグ          値 
      file        - 出力ファイルの名前。既定値は 'sysports.xml' です。
                    このパラメーターにハイフンが指定された場合 ('file = -')、
                    出力内容はコンソールのみに書き込まれます。
 
   注釈:      TCP/IP スタックと RPC サブシステムによって使用される
              システム ポートを表示します。



- br -/- de -/- dk -/- en -/- es -/- fr -/- hu -/- it -/- jp -/- pt -/- tr -









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



HTTP: ... console/en/index.htm
0.186
10263
Temporäre Dateien und andere automatisch löschen unter Windows 10 löschen! Digitale Desktop-Uhr kostenloser Download Vollversion! Help, my Windows 10 taskbar is getting full quickly, what can I do? Disable or enable, the Hibernate via the command line Windows 11, 10, ...! Turn off Bitlocker, Windows-10? In the start menu: show documents, downloads, personal folders, ...! Double spaces replace in the text on Windows 11, 10, 8.1, ...! Windows 10 or 11 manual or help for free? Locate Direct X in Windows 10! Can crashes occur when using 32-bit programs on Windows 10?



(0)