ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>HELP FTYPE
ファイル拡張子の関連付けに使われるファイル タイプを表示または変更します。

FTYPE [ファイルタイプ[=[オープンコマンド文字列]]]

 ファイルタイプ          表示または変更するファイル タイプを指定します。
 オープンコマンド文字列  このタイプのファイルを開くために使うコマンドを
                         指定します。

パラメータを指定しないで FTYPE と入力すると、オープン コマンド文字列
が定義されている現在のファイル タイプを表示します。ファイル タイプ
だけを指定して FTYPE を実行すると、そのファイル タイvの現在のオープン
コマンド文字列を表示します。オープン コマンド文字列に何も指定しない
と、そのファイル タイプのオープン コマンド文字列を削除します。
オープン コマンド内の %0 または %1 は、関連付けを使って開かれる
ファイル名で置き換えられます。%* はすべてのパラメータを取得し、
%2 は第 1 パラメータ、%3 は第 2 パラメータを取得します。%~n は、
第 n パラメータから最後までのパラメータを取得します。n は、2 から 9
値です。たとえば、

   ASSOC .pl=PerlScript
   FTYPE PerlScript=perl.exe %1 %*

と入力すると、次のように Perl スクリプトが起動されます。

   script.pl 1 2 3

次のようにすると、拡張子を入力する必要がなくなります。

   set PATHEXT=.pl;%PATHEXT%

スクリプトは、次のようにして起動できるようになります。

   script 1 2 3



C:\WINNT>HELP GOTO
バッチ プログラム内の、ラベルで指定されている行へ制御を移動します。

GOTO ラベル

 ラベル   バッチ プログラムでラベルとして使用するテキスト文字列を指定します。

ラベルの先頭には : (コロン) を指定し、ラベルだけを単独で 1 行に入力してくだ
さい。

コマンド拡張機能を有効にすると、GOTO は次のように変更されます:

GOTO コマンドにターゲット ラベルとして :EOF を指定し、現在のバッチ
スクリプト ファイルの最後に制御を移すことができるようになります。
ラベルを定義しないでバッチ スクリプト ファイルを終了す驍ノは、この方法
が簡単です。この機能を実用化する CALL コマンドの拡張機能の説明について
は、CALL /? と入力してください。



C:\WINNT>HELP GRAFTABL
Windows がグラフィック モードで拡張文字セットを表示
できるようにします。

GRAFTABL [xxx]
GRAFTABL /STATUS

  xxx      コード ページ番号を指定します。
  /STATUS  GRAFTABL のために現在選択されているコード ページを表示します。




GOTO : HELP HELP





... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell










Download the Windows 10 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
HTTP: ... console/ja/034.htm
0.093

For Crashes in Windows 10, using System File Checker!

 /

How to open Control Panel in Windows-7 start  (find, run, start)?

 /

Wo ist der Autostart-Ordner in Windows 8.1, bzw. 8?

 /

Help! Default bold font is killing my eyes!

 /