ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>DEBUG /?
プログラムのテスト/編集ツールであるデバッガを起動します.

DEBUG [[ドライブ:][パス]ファイル名 [テストファイル-パラメータ]]

 [ドライブ:][パス]ファイル名
                  テストするファイルを指定します.
 テストファイル-パラメータ   テストするファイルが必要とするコマンドライン情報を
                  指定します.

DEBUG 起動後に, ? を入力するとデバッガのコマンド一覧が表示されます.



C:\WINNT>DRIVERQUERY /?

DRIVERQUERY [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]]
             [/FO 形式] [/NH] [/SI] [/V]
説明:
   インストールされているデバイス ドライバとそのプロパティを管理者が
   列挙し、表示できるようにします。

パラメータの一覧:
     /S     システム             接続先のリモート システムを指定します。

     /U     [ドメイン\]ユーザー  ユーティリティを実行するユーザー
                                 コンテキストを指定します。

     /P     [パスワード]         与えられたユーザー コンテキストのパスワード
                                 を指定します。

     /FO     形式                表示する出力の種類を指定します。
                                 スイッチとともに引き渡す有効な値は
                                 TABLE、LIST、CSV です。

     /NH                         画面出力で "カラム ヘッダー" を表示しない
                                 ように指定します。
                                 "TABLE" と "CSV" 形式でのみ有効です。

     /V                          レ細な情報を表示します。
                                 署名されたドライバでは無効です。

     /SI                         ドライバのデジタル署名情報を提供します。

     /?                          ヘルプまたは使用法を表示します。

例:
   DRIVERQUERY
   DRIVERQUERY /FO CSV /SI
   DRIVERQUERY /NH
   DRIVERQUERY /S ipaddress /U ユーザー  /V
   DRIVERQUERY /S システム /U ドメイン\ユーザー /P パスワード /FO LIST



C:\WINNT>EVENTCREATE /?

EVENTCREATE [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]] /ID イベントID
           [/L ログ名] [/SO ソース名] /T 種類 /D 説明

説明:
   このコマンド ライン ツールで管理者が指定のイベント ログに
   カスタム イベントを作成します。

パラメータ一覧:
   /S         システム             接続先のリモート システムを指定します。

   /U        [ドメイン\]ユーザー   コマンドが実行されるユーザー
                                   コンテキストを指定します。

   /P         パスワード           指閧フユーザー コンテキストの
                                   パスワードを指定します。

   /L         ログ名               イベントを作成する先のイベント
                                   ログを指定します。

   /T         種類                 作成するイベントの種類を指定します。
                                   有効な種類: ERROR、WARNING、INFORMATION

   /SO        ソース               イベントに使用するためのソースを指定しま
                                   す。ソースにはどの文字列をw定しても有効
                                   であり、イベントを作成するアプリケーショ
                                   ンまたはコンポーネントを示すものです。

   /ID        ID                   イベントに対するイベント ID を指定しま
                                   す。1 から 1000 の範囲のどの数字も有効
                                   です。

   /D         説明                 新しく作成するイベントに対して設定する説
                                   明文を指定します。

   /?                              ヘルプまたは使用法を表示します。


例:
   EVENTCREATE /T ERROR /ID 100
       /L APPLICATION /D "アプリケーション ログにイベントを作成"

   EVENTCREATE /T ERROR /ID 999 /L APPLICATION
       /SO WinWord /D "アプリケーション ログの新しいソース Winword"

   EVENTCREATE /S system /T ERROR /ID 100
       /L APPLICATION /D "ユーザー資格情報のないリモート システム"

   EVENTCREATE /S system /U user /P password /ID 100 /T ERROR
       /L APPLICATION /D "ユーザー資格情報付きのリモート コンピュータ"

   EVENTCREATE /S system /U domain\user /ID 100 /T WARNING
       /SO MyBatchFile.cmd /D "メインテナンス スクリプト ユーザー ログオン失敗"










Windows-10


Become a Sponsor
... Your button here?






Windows-10





Windows-10
HTTP: ... console/ja/075.htm
0.03

Is the Aero Desktop Clock for Android or Linux, Ad Free?

 /

Windows 10 Show Administrative Tools, how to find?

 /

Select Sim Card on Samsung Galaxy for Mobile Internet!

 /

Change Windows 10 Screen Saver, how to enable or disable?

 /

How can i translate AutoHideDesktopIcons Free in my language?

 /

Run Windows 10 command prompt (cmd.exe) in administrator mode!

 /

Die Stopp-Uhr hat keine Stundenanzeige?

 /

The 7-zip context is not in Explorer-Views under Windows 10 x64. Why?

 /