ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>GETMAC /?

GETMAC [/S システム [/U ユーザー名 [/P [パスワード]]]] [/FO 形式] [/NH] [/V]

説明:
   このコマンドライン ツールを使って、管理者がシステム上の 1 つ以上のアダプタ
   の MAC アドレスを表示することができます。

パラメータの一覧:
   /S        システム             接続先のリモート システムを指定します。

   /U        [ドメイン\]ユーザー  コマンドを実行するユーザー コンテキスト
                                  を指定します。

   /P        [パスワード]         与えられたユーザー コンテキストのパスワード
                                  を指定します。省略した場合は入力する必要が
                                  あります。

   /FO       形式                 出力を表示する形式を指定します。
                                  有効な値: "TABLE"、"LIST"、"CSV"

   /V                             詳細な情報を出力で表示するように指定します。

   /NH                            画面出力で列ヘッダを表示しないように指定
                                  します。
                                  TABLE と CSV 形式でのみ有効です。

   /?                             ヘルプまたは使用法を表示します。

例:
   GETMAC /FO csv
   GETMAC /S システム /NH /V
   GETMAC /S システム /U ユーザー
   GETMAC /S システム /U ドメイン\ユーザー /P パスワード /FO list /V
   GETMAC /S システム /U ドメイン\ユーザー /P パスワード /FO table /NH



C:\WINNT>GPRESULT /?

GPRESULT [/S システム [/U ユーザー名 [/P パスワード]]][/SCOPE スコープ]
          [/USER ターゲットユーザー名] [/V | /Z]

説明:
   このコマンドライン ツールにより、ターゲット ユーザーとコンピュータ
   の RSoP (Resultant Set of Policy) を表示します。

パラメータ一覧:
   /S      システム           接続先のリモート システムを指定します。
                             

   /U    [ドメイン\]ユーザー  コマンドを実行するユーザー コンテキスト
                              を指定します。

   /P      [パスワード]       指定のユーザー コンテキストのパスワードを
                              指定します。

   /USER [ドメイン\]ユーザー  どのユーザーの RSOP データを表示するか
                              指定します。

   /SCOPE  スコープ           ユーザーの設定とコンピュータの設定
                              のどちらを表示するかを指定します。
                              有効な値は "USER" または "COMPUTER" です。
                             

   /V                         詳細な情報が表示されるように指定します。
                              これにより、優先順位 1 で適用された
                              特定の設定が明らかになります。
                             

   /Z                         さらに詳しい情報が表示されるように指定
                              します。情報には、優先順位 1 または
                              それより高い優先順位で適用された特定の
                              設定が記述されます。これにより、設定が
                              複数の場所で設定されたかどうかを確認で
                              きます。詳細な説明は、オンラインヘルプ
                              のグループ ポリシーを参照してください。
                             

   /?                         ヘルプまたは使用法を表示します。

注意: パラメータなしで GPresult を実行した場合、コマンドを実行しているコン
     ピュータに現在ログオンしているユーザーの RSoP データが表示されます。

例:
   GPRESULT
   GPRESULT /USER targetusername /V
   GPRESULT /S system /USER targetusername /SCOPE COMPUTER /Z
   GPRESULT /S system /U username /P password /SCOPE USER /V



C:\WINNT>GPUPDATE /?
Microsoft(R) Windows(R) Operating System Group Policy Refresh Utility v5.1
(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

説明:  グループ ポリシーの設定を最新の情報に更新します。

文法:  GPUpdate [/Target:{Computer | User}] [/Force] [/Wait:<値>]
    [/Logoff] [/Boot] [/Sync]

パラメータ:

値                          説明
/Target:{Computer | User}   ユーザーのみまたはコンピュータのみの
                           ポリシー設定を更新するかを指定します。
                           既定では、どちらのポリシー設定も更新
                           されます。

/Force                      すべてのポリシー設定を適用し直します。
                           既定では、設定が変更されたポリシーの
                           みが適用し直されます。

/Wait:{値}                  ポリシー処理の完了を待つ時間 (秒) を
                           設定します。既定は 600 秒です。
                           '0' は完了を待たないことを意味します。
                           '-1' は完ケするまで待つことを意味します。
                           指定された時間が経過すると、コマンド
                           プロンプトが返されますが、ポリシーの
                           処理は続行されます。

/Logoff                     グループ ポリシーの設定の更新完了後にログ
                           オフします。これは、バックグラウンド更新
                           サイクルではポリシーを処理しないが、ユーザー
                           のログオン時にポリシーを処理するクライアント
                           側の拡張に必要です。例としては、ユーザーを
                           ターゲットとした "ソフトウェアのインストール"
                           や "フォルダ リダイレクト" があげられます。
                           ログオフを必要とする拡張が呼び出されない
                           場合は、このオプションは影響しません。

/Boot                       グループ ポリシーの設定の更新完了後に再
                           起動します。これは、バックグラウンド更新
                           サイクルではポリシーを処理しないが、コン
                           ピュータの起動時にポリシーを処理するクラ
                           イアント側の拡張に必要です。例としては、
                           コンピュータをターゲットとした "ソフトウェ
                           アのインストール" があげられます。再起動を
                           必要とする拡張が呼び出されない場合は、この
                           オプションは影響しません。

/Sync                       次のフォアグラウンド ポリシー アプリケー
                           ションを同時に実行します。フォアグラウンド
                           ポリシー アプリケーションはコンピュータの
                           起動時およびユーザーのログオン時に実行され
                           ます。/Target パラメータを使うと、これを
                           ユーザー、コンピュータ、または両方に指定する
                           ことができます。指定された場合 /Forceおよび
                           /Wait パラメータは無視されます。










... Home  
... Impressum
... ColorConsole

... CMD
... Netsh-XP
... Netsh-7
... Netsh-Vista
... Powershell










Download the Windows 10 Starter, Home (Basic Premium), Professional und Ultimate!

... facebook.de
HTTP: ... console/ja/087.htm
0.062

Windows Web Server 2008 direkte Download Links (kostenlose Testversionen)!

 /

Wo finde ich in Windows 10 die Autoupdate Einstellungen (aktivieren/deaktivieren)?

 /

External drives are not displayed under Windows 10 (USB, HDD)?

 /

Wird der Explorer Q-Dir auf Windows-8 funktionieren?

 /