コマンド tlntadmn - telnet サーバーのパラメータを構成しま&....


 
ColorConsole [Version 1.3.3000]
Microsoft Windows XP [Version 5.1.2600]
(C) Copyright 1985-2001 Microsoft Corp.

C:\WINNT>TLNTADMN /?

使用法: tlntadmn [コンピュータ名] [共通オプション] start | stop | pause | continue | -s | -k | -
m | config 構成オプション  
                          すべてのセッションを表示するには 'all' と指定
                          してください。
    -s sessionid          セッションの情報の一覧を表示します。
    -k sessionid          セッションを終了します。
    -m sessionid          セッションにメッセージを送信します。

    config                telnet サーバーのパラメータを構成します。

共通オプション:
   -u user                資格情報を使用するユーザーの ID を指定します。
   -p password            ユーザーのパスワードを指定します。

構成オプション:
   dom = domain           ユーザー名の既定のドメインを設定します。
   ctrlakeymap = yes|no   ALT キーのマッピングを設定します。
   timeout = hh:mm:ss     アイドル セッション タイムアウトの値を設定します。
   timeoutactive = yes|no アイドル セッション タイムアウトを有効にします。
   maxfail = attempts     切断されずにログインを失敗できる最大数です。
   maxconn = connections  最大接続数です。
   port = number          telnet のポート番号を設定します。
   sec = [+/-]NTLM [+/-]passwd
                          認証機構を設定します。
   mode = console|stream  操作のモードを指定します。



C:\WINNT>TRACERPT /?

Microsoft(R) TraceRpt.Exe (5.1.2600.1106)
(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.

Tracerpt は、バイナリ イベント トレース セッション ログ ファイルまたは機器のイ
ベント トレース プロバイダからのリアルタイム ストリームを処理し、発生したイベン
トの説明のレポートまたはテキスト (CSV) ファイルを作成します。

使い方:
tracerpt { <ファイル [ファイル ...]>
                               | -rt <セッション名 [セッション名 ...]>
                               } [オプション]

パラメータ:
 <ファイル [ファイル ...]>     処理するイベント トレース ログ ファイルです。

オプション:
 -?                            状況に応じたヘルプを表示します。
 -o [ファイル]                 テキスト (CSV) 出力ファイルです。既定値は、
                               dumpfile.csv です。
 -summary [ファイル]           要約レポート テキスト ファイル (CSV) ファイルで
                               す。既定値は、summary.txt です。
 -report [ファイル]            テキスト出力レポートファイルです。既定値は、
                               workload.txt です。
 -rt <セッション名 [セッション名 ...]>   リアルタイム イベント トレース セッシ
                               ョン データ ソースです。
 -config <ファイル>            コマンド オプションが記述されている設定ファイル
                               です。
 -y                            確認なしですべての質問に "はい" で答えます。


 tracerpt logfile1.etl logfile2.etl -o -report
 tracerpt logfile.etl -o logdmp.csv -summary logdmp.txt -report logrpt.txt
 tracerpt -rt EVENT_SESSION_1 EVENT_SESSION_2 -o logfile.csv



C:\WINNT>TRACERT6 /?

Usage: tracert6 [-d] [-h maximum_hops] [-w timeout] [-s srcaddr] target_name

Options:
-d             Do not resolve addresses to hostnames.
-h max_hops    Maximum number of hops to search for target.
-w timeout     Wait timeout milliseconds for each reply.
-s srcaddr     Source address to use.
-r             Use routing header to test reverse route also.




GOTO : TRACERT /?








Windows-10





Windows-10

... facebook.de
... Windows-10 FAQ
... Windows-10 Info


Become a Sponsor
... Your button here?





コマンド tlntadmn - telnet サーバーのパラメータを構成します。 。。。。

HTTP: ... console/ja/162.htm
0.124
22424

Über die Eingabeaufforderung ein Programm starten per Befehlszeile!

 /

Where can I see if Service Pack 1 is installed on my Windows 7?

 /

Internet Explorer 11 Windows 10 Enable/Turn off (uninstall)?

 /

Multiple Page Scan to PDF for all Windows OS!

 /

Visual Studio 6.0 Enterprise Edition Free Download!

 /

How to navigate up a folder?

 /

Wie kann man bei Windows 7 bei Programmen die Schrift größer machen?

 /

Was ist der beste Weg, um meinen Computer zu sichern?

 /

I wonder about the function of 'Text to time tester'!

 /

GetWindowText does not work, how can I uninstall it?

 /

After monitor exchange desktop icons disappeared!

 /

Change font size and font type for programs in Windows 8.1/10!

 /