netsh trace start - Windows 10, 8.1, Seven - コマンド


 
NETSH - Windows 7 & Vista + Server 2008

netsh » trace » start

Microsoft Windows [Version 6.1.7000]
(C) Copyright 2009 Microsoft Corp.
C:\Windows>netsh trace start ? start トレースを開始します。 使用法: trace start [[scenario=]<シナリオ 1,シナリオ 2>] [[globalKeywords=]keywords] [[globalLevel=]level] [[capture=]yes|no] [[report=]yes|no] [[persistent=]yes|no] [[traceFile=]path\filename] [[maxSize=]filemaxsize] [[fileMode=]single|circular|append] [[overwrite=]yes|no] [[correlation=]yes|no|disabled] [capturefilters] [[provider=]providerIdOrName] [[keywords=]keywordMaskOrSet] [[level=]level] [[provider=]provider2IdOrName] [[keywords=]keyword2MaskOrSet] [[level=]level2] ... 既定値: capture=no (トレース イベントに加え、パケット キャプチャを 有効にするかどうかを指定します) report=no (トレース ファイルと共に、補足レポートを 生成するかどうかを指定します) persistent=no (再起動後に、netsh trace stop を発行するまで トレース セッションを続行するかどうかを指定します) maxSize=250 MB (最大トレース ファイル サイズを指定します。 0 = 最大値なし) fileMode=circular overwrite=yes (既存のトレース出力ファイルを上書きするかどうかを 指定します) correlation=yes (関連するイベントを相互に関連付け、グループ化 するかどうかを指定します) traceFile=%LOCALAPPDATA%\temp\netTraces\netTrace.etl (出力ファイルの場所を指定します) プロバイダー キーワードの既定値は all で、レベルは 255 になります (キーワードと レベルが指定されていない場合)。 例: netsh trace start scenario=InternetClient capture=yes パケット キャプチャを有効にして InternetClient シナリオと依存 プロバイダーのトレースを開始します。 "netsh trace stop" コマンドが発行されるか、システムが再起動すると、 トレースは停止します。 出力ファイルには、既定の場所と名前が使用されます。古いファイルが 存在する場合、それらは上書きされます。 netsh trace start provider=microsoft-windows-wlan-autoconfig keywords=state,ut:authentication microsoft-windows-wlan-autoconfig プロバイダーのトレースを開始します。 "netsh trace stop" コマンドが発行されるか、システムが再起動すると、 トレースは停止します。 出力ファイルには、既定の場所と名前が使用されます。古いファイルが 存在する場合、それらは上書きされます。 キーワード 'state' または 'ut:authentication' が含まれるイベントのみの ログが記録されます。 netsh trace show provider コマンドを使用すると、サポートされたキー ワードとレベルを表示できます。 キャプチャ フィルター: キャプチャ フィルターは、capture=yes を指定してキャプチャが明示的に 有効になっているときにだけサポートされます。サポートされるキャプチャ フィルターとその使用法の一覧を表示するには、 'netsh trace show CaptureFilterHelp' を使用します。

NETSH / TRACE / START

netsh trace start - Windows Seven - コマンド トレースを開始します。 / Windows Seven
netsh, trace, start, cmd, command, Windows, Seven
Quick - Link:
netsh dump
構成スクリプトを表示します。
netsh netio delete
テーブルから構成エントリを削除します。
netsh branchcache smb set latency
BranchCache SMB 遅延を設定します。
netsh nap client reset csp
CSP 構成をリセットします。
netsh advfirewall show
プロファイルまたはグローバル プロパティを表示します。
netsh mbn show profiles
システムで構成されているプロファイルの一覧を表示します。







Windows-10





Windows-10

... facebook.de
... Windows-10 FAQ
... Windows-10 Info


Become a Sponsor
... Your button here?





トレースを開始します。 / Windows 10, 8.1, Seven

HTTP: ... cmd/jp/Windows_7/netsh/trace/start.htm
0.217
15702

Permanently delete files from system default setting!

 /

Register *.qdr for custom start of Quad-Explorer!

 /

How to set in Windows 8.1 / 10 associations for file type: open with multiple programs or apps?

 /

Export Explorer folder content and tree view under Windows 10 and 8.1?

 /

What is Tabbed Browsing?

 /

Die neue CPU mal richtig belasten und im Windows 10 Task-Manager beobachten!

 /

The desktop clock with glass texture Transparent as in Adobe Photoshop!

 /

Can I make in Windows 8 or 8.1 a restart with recovery options?

 /

CalendarOK - an alternative to the standard Windows Desktop Calendar! 

 /

Open a second drive of directory in new window (Tab)?

 /

Always confirm directory in Windows 10 Internet-Explorer before download file, can I?

 /

Windows-8 Download?

 /