POPD: 現在のディレクトリを PUSHD で保存した& ...


... "POPD" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋
... コマンドの例 "POPD"
... 重要な情報、"POPD" コマンドのヒント

コマンド: "POPD" がオンです Windows 11, 10, .. 利用可能

"POPD" Microsoft Windows ヘルプからの抜粋

Microsoft Windows [Version 10.0.19045.3693]
(c) Copyright 1985-2023 Microsoft Corp.

C:\\WINNT>

PUSHD コマンドで記憶されたディレクトリに変更します。

POPD


コマンド拡張機能を有効にすると、POPD コマンドは、プッシュされている
ディレクトリ スタックからドライブを POPD するときに、PUSHD が作成した
一時的なドライブ文字を削除します。

コマンドの例 "POPD"

`POPD`Windows コマンド プロンプトのコマンドは、最後に保存されたディレクトリ (次のように示されます) に移動するために使用されます。`PUSHD`保存されました)。以下に使用例をいくつか示します。`POPD`-指示: 例 1: PUSHD と POPD の使用:

REM ディレクトリに移動 "C:\例"
PUSHD C:\例

REM 現在の作業ディレクトリを表示します
ECHO カレントディレクトリ: %CD%

REM 元のディレクトリに戻します
POPD

REM 現在の作業ディレクトリを再度表示します
ECHO カレントディレクトリ: %CD%

説明:この例では、`PUSHD`「C:\Example」ディレクトリに変更されました。現在の作業ディレクトリが含まれます`%CD%`表示されます。それから`POPD`元のディレクトリに戻り、作業ディレクトリが再び表示されます。 例 2: ループ内で PUSHD と POPD を使用する:

REM ディレクトリをループしてアクションを実行する
FOR /D %%G IN (C:\ディレクトリ\*) DO (
  PUSHD "%%G"
  ECHO カレントディレクトリ: %CD%
  REM ここで現在のディレクトリ内のアクションを実行します
  POPD
)

説明:この例では、「C:\directory\」のすべてのサブディレクトリを循環します。現在の作業ディレクトリがサブディレクトリごとに表示され、続いて`POPD`元のディレクトリに戻りました。 例 3: バッチ スクリプトでの PUSHD と POPD の使用:

@ECHO OFF
REM 現在のディレクトリを保存します
PUSHD C:\私の\脚本\ディレクトリ

REM ここで目的のディレクトリでアクションを実行します
ECHO カレントディレクトリ: %CD%

REM 元のディレクトリに戻ります
POPD

説明:このバッチ スクリプトには、現在のディレクトリが含まれています`PUSHD`保存され、アクションは目的のディレクトリで実行され、最後に`POPD`元のディレクトリに戻りました。 注意:以下の点に注意してください。`POPD`以前の場合にのみ機能します`PUSHD`ディレクトリを保存するために使用されました。それ以外の場合は、エラー メッセージが表示されます。`PUSHD`そして`POPD`これは、フルパスを手動で保存せずに、一時的にディレクトリに変更してから、前のディレクトリに戻りたい場合に便利です。

重要な情報、"POPD" コマンドのヒント

を使用するときは、`POPD`Windows コマンド プロンプトでコマンドを使用する場合、注意すべき重要な点がいくつかあります。 1. 前のディレクトリ: `POPD`で示される前のディレクトリに戻ります`PUSHD`救われました。したがって、事前に確認することが重要です`PUSHD`ディレクトリを保存するために使用されました。 2. 保存されていない場合はエラー: `PUSHD`これまでディレクトリの保存に使用されておらず、`POPD`エラーメッセージに。それを確認してください`PUSHD`以前にスクリプトまたはセッションで使用されていた`POPD`実行する。 3. 注文`PUSHD`そして`POPD`:の順序に注意してください`PUSHD`そして`POPD`。ディレクトリは作成時の状態に復元されます。`PUSHD`と呼ばれていました。 4. ループおよびバッチ スクリプトでの使用: `POPD`ループまたはバッチ スクリプトで、一時的にディレクトリに変更してから元のディレクトリに戻りたい場合に特に便利です。 5. 絶対パスで使用します: `PUSHD`現在のディレクトリへの絶対パスを保存します。絶対パスを使用する場合は、このことに留意してください。 6. サブプロセスでの使用:以下の点に注意してください。`PUSHD`そして`POPD`ディレクトリの変更は現在のプロセスでのみ実行してください。別のバッチ スクリプト内からバッチ スクリプトを呼び出すと、スクリプト間でディレクトリの変更を維持できません。 7. ネストされたディレクトリの変更:`PUSHD`連続して何回でも使えます`POPD`同じ回数だけ元のディレクトリに戻ります。

PUSHD C:\ディレクトリ1
PUSHD D:\ディレクトリ2
REM ... ディレクトリ内のアクション2 ...
POPD
REM ... ディレクトリ内のアクション1 ...
POPD

8. バッチ ファイルの拡張子:以下の点に注意してください。`POPD`通常、コマンド プロンプトから直接呼び出されたスクリプトでは機能しません。バッチ ファイルで実行される可能性が高くなります (`.bat`または`.cmd`)、またはコマンド プロンプト自体で使用されます。 確実に行うために、次の点に留意してください`POPD`バッチ スクリプトまたはコマンド プロンプトを使用するときに効果的に使用されます。


Deutsch
English
Español
Français
Italiano
日本語 (Nihongo)
한국어 (Hangugeo)
汉语 (Hànyǔ)
Türkçe
Português
Português
Svenska
Norsk
Dansk
Suomi
Nederlands
Polski









Windows-10


... Windows 10 FAQ
... Windows 10 How To


Windows 10 How To


... Windows 11 How To
... Windows 10 FAQ



コマンド POPD - 現在のディレクトリを PUSHD で保存したディレクトリに戻します。

HTTP: ... console/ja/047.htm
0.109
23763

In Q-Dir standart Suchtool ändern!

Possibilities to send files or folder by email in the Quad Explorer on Windows!

Edge Chromium Download Ordner und Verhalten!

Where does the program DesktopOK save the file/data when you do a Save?

Windows Keyboard Shortcut to open DVD/CD plus command line!

WinBin2Iso - Konvertiert BIN images zu ISO images



(0)